ヤフーのCSRの「あるべき姿」とは
報告:ステークホルダー・ダイアログ(前編)

ステークホルダー・ダイアログ出席者の集合写真

2016年2月、有識者を招いてヤフーのCSRの「あるべき姿」を議論した

ヤフーのCSRの「あるべき姿」とは何か。今年、設立20周年を迎えたヤフーは、これまでの事業や社会貢献活動を振り返り、これからも社会の期待に応え続けるため、2016年2月19日にステークホルダー・ダイアログを開催しました。その模様をご報告します。前半は、3人の有識者にCSRの取り組みに関する評価をいただきました。

文=今井麻希子 写真=川畑嘉文

出席者

川村雅彦氏(ニッセイ基礎研究所 保険研究部 ESG研究室長)

駒崎弘樹氏(認定NPO法人フローレンス代表理事)

田中美咲氏(一般社団法人防災ガール代表理事)

加納美幸(ヤフー株式会社コーポレート統括本部コーポレートコミュニケーション本部本部長)

妹尾正仁(ヤフー株式会社コーポレート統括本部コーポレートコミュニケーション本部社会貢献推進室室長)

司会

森 摂(株式会社オルタナ代表取締役兼「オルタナ」編集長)

川村雅彦の写真

株式会社ニッセイ基礎研究所保険研究部ESG研究室長の川村雅彦氏

全体戦略に位置付け、仕掛けるCSRを

川村:CSR経営の研究者としての観点からは、ヤフーの個別のCSR活動は悪くなく、それなりに評価できるものです。しかし、会社としてCSRを統括する組織体制が存在しないためCSRの全体設計がなく、それぞれの活動がバラバラに見えてしまっていると感じました。

ESG投資(※)が増える中、企業CSRには、長期的にありたい姿から現在の活動を決める「バックキャスティング」の視点が必要と言われています。これに応えるためにも全体ビジョンを持つことが大事です。いきなりCSRの組織を持つことが難しければ、まず担当役員を任命し、委員会あるいはタスクフォースをつくることから始められると思います。

(※)ESG投資: 環境・社会・ガバナンスの要素が優れた企業に投資すること

駒崎:ヤフーの社会貢献活動のスピード感はすごいですね。東日本大震災の復興支援として石巻に社員を常駐させていらっしゃいますし、「復興デパートメント」のような、インターネットの強みを活かした展開もしています。Yahoo!検索で「死にたい」という言葉を入力すると、死ぬ方法ではなく相談機関を表示させるというのも、ヤフーらしい、よい取り組みです。

ただ、もっと「がっつり」できる可能性もあると思うのです。例えば、Yahoo!ニュースで虐待のニュースが配信されたとすると、ネット上にそれを解決するための議論が生まれ、問題の解決に取り組んでいる団体に寄付ができるというように。これが実現すれば、まさにヤフーがミッションに掲げる「課題解決エンジン」ですよね。

駒崎弘樹の写真

認定NPO法人フローレンス代表理事の駒崎弘樹氏

社会課題解決の「インパクト増幅装置」に

駒崎:僕は、ヤフーが課題解決にインターネットユーザーが主体的に巻き込まれていく、「コレクティブインパクト」(※)の増幅装置にもなりうると期待しているのです。

(※)コレクティブインパクト: 複数の異なるセクターに所属する人たちが共通の課題の元にコラボレーションし、社会的課題を解決すること

田中:私が立ち上げた「防災ガール」はまだ小さい団体ですが、ファンのコミュニティーがしっかりしているので、一つひとつの取り組みがつながりやすくなっています。ヤフーの社会貢献やCSRの取り組みは、それぞれとても大きく、ソーシャルの分野で活動するたちの間でも知られていますが、一般に広く伝わっていないのはもったいないと思います。

川村:活動を通じて、地域や社会にどんなアウトプットをしていくことを目的にしているのかを、明確にすることが大事ですね。

田中美咲の写真

一般社団法人防災ガール代表理事の田中美咲氏

田中:例えば、Yahoo!基金にしても、寄付する側にとって、それがどう使われたのか見えないと、お金を出して終わりで、人の意識を変えるところには結びつきません。基金がどう使われ、どんな効果がでたか、フィードバックがあるといいですね。

駒崎:ヤフーはデータ企業ですから、「見える化」が得意なはずです。いま以上に社会課題をビッグデータで見せていき、ビジュアル化させることで、みんなで気付けることもあると思います。「プラットフォーマー」というよりも、「アンプリファイアー(増幅装置)」と自己定義を変えて、課題の解決のために、もっとガンガン、世の中変えていこう、となると、面白いと思います。

妹尾:それはぜひやりたいです。まさに、そういう掘り下げた情報が価値を生み出していると思います。社会貢献部門を主力のサービスとうまく連携していきたい。

駒崎:それを実現するためにも、CSR・社会貢献部門のキャパシティーを増やしていただいて、四半期に一回ぐらい仕掛けをできたらうれしいですね。
私も現場の人間として、一緒に仕掛けていきたいと思います。日本は課題先進国。世界でもっとも早く少子高齢化が進み、超高齢者期に突入して、いろいろな課題を体験するようになります。それをどんどん、イノベーションで解決するという、ビジョンがあるといいですね。

「人」を社会に活かす

川村:「健康経営」が経団連などでも話題になっています。システム・エンジニア(IT技術者)の仕事はきついと言われることがありますが、これに取り組むことも経営課題にあたるのではないでしょうか。
従業員という内部のステークホルダーの価値を高めることは、労働市場へのアピールにもなると思います。

加納:確かに、インターネットは、ユーザーの顔が見えないので、役立っているのかリアリティを感じにくい側面がありますね。

駒崎:海外では、「エクスターンシップ」といって、企業が社員を、貧困などの課題解決にあたる人たちのもとに送り込み、自分の技術を使って組織課題を解決する体験をさせる取り組みが進んでいます。

妹尾:ヤフーもだんだん組織が大きくなって、エンジニアがある機能の一部だけを担当するということが非常に大きくなっているのですよね。社会貢献事業は比較的小さな組織で回しているところが多いと思うので、3カ月や半年くらいエクスターンをして、そこで何かを立ち上げて、社会に貢献をした満足度を得て、また会社に戻ってくるという。そういう方法はありですよね。

田中:防災ガールも、私以外の社員は、仕事を持ちながら非営利活動に取り組むダブルコミットのメンバーです。ネットだけでなく、人(社員)というリソースも、社会課題の解決に提供いただけると、いいですね。

後編に続く

大学生から見たヤフーのCSR

城宝薫の写真

立教大学経済学部4年/株式会社テーブルクロス代表取締役の城宝薫氏

学生とのコラボレーションに期待

ヤフーのCSRのイメージは、「Links for Good」に代表されるように、メディアとしての発信力を活かして社会課題を知ってもらう・認知度を上げる取り組みをしている印象があります。学生団体やNPOなどでは、理念を掲げて想いを持って取り組む一方、発信力は弱く、社会課題自体の認知度が低いという問題があります。そこで、ヤフーの媒体を通して情報発信できることは、団体の発信力や士気を高めるのによいことだと思います。
このほか、地震などの予期せぬ自然災害が起きた時、直ぐに寄付の受付特設サイトを設けるのはヤフー、というイメージが強いです。学生のなかでも「Yahoo!ネット募金」の知名度は高いです。とはいえ、最近では、自然災害があるとさまざまな団体や企業が募金サイトを立ち上げますが、まだまだメディアで大きく取り上げられない海外の災害や国内の活動もあります。私たち学生も、海外ボランティアを経験したり、留学生の友達がいたり、海外の災害支援にも関心があります。今後、NPOやNGOだけでなく、学生団体や任意団体とのさまざまな面でのコラボレーションに期待します。

城宝薫

立教大学経済学部4年/株式会社テーブルクロス代表取締役

大学3年生の時、社会貢献型飲食店予約アプリ「テーブルクロス」を立ち上げた。テーブルクロスの活動は飲食店の広告費を削減し、途上国の子どもに給食を届けるもの。1名の予約につき1食を途上国で活動するNPOを通じて支援している。

川村雅彦

株式会社ニッセイ基礎研究所 保険研究部 ESG研究室長(オルタナ総研フェロー)

1976年九州大学大学院工学研究科、海洋工学専攻修士課程修了。三井海洋開株式会社に入社し、海底石油関連事業のプロジェクト・マネジメントに従事。1988年ニッセイ基礎研究所に入社。都市問題、環境経営、CSR経営、環境ビジネス、統合報告を中心に調査研究に従事。

川村雅彦の顔写真

駒崎弘樹

認定NPO法人フローレンス代表理事

1979年生まれ。慶應義塾大学総合政策学部卒業後、「地域の力によって病児保育問題を解決し、子育てと仕事を両立できる社会をつくりたい」と考え、2004年にNPO法人フローレンスを設立。日本初の「共済型・訪問型」の病児保育サービスを首都圏で開始、共働きやひとり親の子育て家庭をサポートする。

駒崎弘樹の顔写真

田中美咲

一般社団法人防災ガール代表理事

1988年生まれ。立命館大学産業社会学部卒業後、サイバーエージェントに入社。東日本大震災をきっかけとして情報による復興支援を行う公益社団法人助けあいジャパンに転職。2013年8月に「防災をもっとオシャレでわかりやすく」をコンセプトに、「防災ガール」を設立。2015年3月に一般社団法人化。

田中美咲の顔写真

加納美幸

ヤフー株式会社コーポレート統括本部コーポレートコミュニケーション本部本部長

2001年にヤフー株式会社入社

リスティング事業部、メディア事業部、ショッピング事業部、ライフスタイル事業部部長などをへて、現在にいたる。

加納美幸の顔写真

妹尾正仁

ヤフー株式会社コーポレート統括本部コーポレートコミュニケーション本部社会貢献推進室室長 

2009年法律事務所で弁護士を務める。

2012年にヤフー株式会社入社。M&Aや経営戦略などに携わる。

2015年から、ヤフー株式会社コーポレート統括本部コーポレートコミュニケーション本部社会貢献推進室の室長(部長)となる。

※肩書き、部署名は掲載時のものです。

妹尾正仁の顔写真

NEW