3年目の「ツール・ド・東北」
震災の記憶と被災地の今をたどる

気仙沼からスタートする写真

声援を受けて気仙沼市内から一斉にスタート。南三陸町を縦断・南下し、神割崎をへてゴールの石巻専修大学を目指す(撮影:Yahoo! JAPAN公式カメラ隊)

ヤフーは東日本大震災の復興支援と、震災の記憶を未来につなげることを目的として2013年から三陸沿岸を自転車で走る「ツール・ド・東北」を開催している。復興の現場を体全体で感じ、地域とともに盛り上げる一大イベントだ。今年9月12日、13日に開催された「ツール・ド・東北 2015」では、石巻専修大学をスタート地点とした「女川・雄勝フォンド(60km)」「北上フォンド(100km)」「南三陸フォンド(170km)」「気仙沼フォンド(211km)」に、新たに気仙沼をスタート地点にした「気仙沼ワンウェイフォンド(95km)」が加わり、計5コースが用意された。当日は過去最高の約3500人が出走。気仙沼から石巻まで、被災地の今を自転車ジャーナリスト・山本修二さんにレポートしてもらった。

文・写真=山本修二(自転車ジャーナリスト)

朝方まで降っていた雨が上がり、スタート前のセレモニーが始まるころには、気仙沼湾に太陽の光が、きらりと反射していた。ウミネコの声も響く。そんな平和な風景を見ていると、ここが2011年3月11日、津波による甚大な被害を受けたと感じることはできなかった。復興は確実に進んでいる。

気仙沼から石巻まで、かの震災でダメージを受けた海岸線を95kmにわたり、自転車に乗って走る「気仙沼ワンウェイフォンド」。このライドの意味を考えながら、ゆっくりとスタートを切った。

階上エイドステーションの写真

階上エイドステーションのボランティアの方々。朝早くからライダーの食事を用意してくれた(撮影:Yahoo! JAPAN公式カメラ隊)

沿道には「ツール・ド・東北」のシンボルカラーである緑色の地にロゴが入った旗を振る人々がずらりと並んでいる。商店の前に座るご年配の方もいれば、子どもたちもいる。5分、10分と走り続けても、沿道で手や旗を振る人は途切れなかった。それどころか大漁旗や国旗、横断幕など、僕たちに向けられる応援の規模は、どんどん大きくなっていく。

「絶対に事故を起こすなよ」「最後まで走りきれ」「楽しんで走れ」――。そんな心のこもった声が胸に響いた。知らないうちに、こちらまで「おはようございます」「ありがとうございます」と手を振りながら沿道の人たちに声をかけていた。もちろん僕だけではなく、多くの参加者たちがそうやって交流をしていた。

心が通う感覚。その心地よさは、ゴールの石巻までずっと続いた。「ツール・ド・東北」を走る意味をまずそこに感じることができた。

いちごシャーベットとクリームサンドの写真

階上エイドステーションのいちごシャーベットとクリームサンド。地元小学生から手書きのカードも寄せられた。中には「体を壊さない程度で走ってください」の応援メッセージ

三陸の恵みと温もりをエイドで味わう

このイベントのもうひとつの楽しみ、それがエイドステーションで配られる食の豊かさだ。今年設置されたエイドステーションは、気仙沼の階上(はしかみ)エイドステーションから女川エイドステーションまでの計10カ所。地元ボランティアや協力企業、役場の方が心をこめて作った土地の味を、各エイドステーションに立ち寄るごとに楽しめる。

「階上の特産品といえばイチゴなの。6月に収穫したイチゴに砂糖を振ってね、凍らせておいたのよ。この日のためにね」。階上エイドステーションを取り仕切る千葉みね子さんは、提供する食について熱心に語った。

気仙沼ワンウェイフォンド(95km)では、千葉さんたちが作ったイチゴのシャーベットとクリームサンド、それに階上小学校の生徒が書いた応援メッセージが、大谷海岸エイドステーションで一人ひとりの参加者に手渡された。子どもたちからの応援メッセージは、地元の人が考えたアイデアだという。

ふかひれスープの写真

南三陸のホテル観洋エイドステーションで配られたおいしいふかひれスープ。温かさが疲れた体にしみる

また南三陸町のホテル観洋エイドステーションでは、フカヒレスープが提供された。南三陸町 産業振興課 観光振興係の菅原大樹さんは、「実際にエイドステーションに立ってみて、話を聞くと、震災時にボランティアでやってきた人が、ライダーとして戻ってきてくれるケースが少なくないことに驚かされました。このイベントが、縁のある人をつなぐ機会になっていることにも意義を感じます」と語る。

NEW