「民泊」で絆を深め地域交流人口を増やす

齋藤さん宅の民泊メンバーの写真

齋藤さん宅に民泊した参加者たち。左から平松寿典さん、齋藤一郎さん、佐藤愛さん、高世軒さん、李伯芳さん、陳東南さん

9月12日、13日に開催された「ツール・ド・東北 2015」では今年初めて、「民泊」が有償で実施された。民泊とは一般家庭に宿泊する仕組みで、参加ライダーの宿泊先確保と、宿泊を通じで地域の「交流人口」を増やし、その後の継続した復興支援につなげることを狙っている。今年は2日間で225人が民泊に参加した。

文=吉田広子(「オルタナ」副編集長) 写真=池田真隆(「オルタナS」副編集長)

民泊での団らんの写真

出走の前夜、震災当時の話を聞いたり、参加者同士で励まし合ったりした。齋藤さん宅は津波で2メートルほど浸水したという

「震災当時、ニュースの映像を見てショックで涙があふれた。ずっと復興してきた被災地の現状を知りたいという気持ちがあったので、『ツール・ド・東北』を楽しみにしていました」

台湾から「ツール・ド・東北」に参加した陳東南(チェン・トン・フー)さん、李伯芳(リー・ボ・ファン)さん夫妻は、「ツール・ド・東北」への思いを語る。

「ツール・ド・東北」の前日、夫妻は宮城県東松島市で民泊。宿泊先を提供したのは齋藤一郎さん(48)だ。齋藤さんは宮城県石巻市出身で、24歳のときに東松島に移り住んだ。その後、仕事の都合で家族と仙台で暮らすようになったが、両親はその家に残って暮らしていたという。そして2011年3月11日、東日本大震災が起こった。

台湾からのゲストの写真

台湾でサイクリストとして知られている陳東南さん(左)、李伯芳さん。台湾ではサイクリング大会が盛んで、年々自転車人気が高まっているという

「この高さまで津波がきました。幸い両親は無事でしたが、1カ月は水が引かず、2階で暮らしていました。水道が復旧したのは2カ月後。数カ月間は家の泥かきに追われていました」

齋藤さんは柱や床を指差しながら、震災当時の様子を語る。その被害の大きさに夫妻は驚きを隠せない。齋藤さんは「台湾からは多大な義援金をもらい、東北の人はみんな感謝しています。台湾からゲストが来ると聞いて、ぜひ感謝の気持ちを伝えたかったのです」と言う。

齋藤さんは昨年、「ツール・ド・東北」を盛り上げたいという思いでボランティアとして参加。今年は、宿泊先が足りていないと知ると、現在は空いている元の家を提供することにしたという。

見送りの様子の写真

211kmの気仙沼フォンド出走に向けて、朝4時30分に出発。安全を祈りながら見送った

「楽しんで復興支援に参加したい」

台湾からのゲストと一緒に、齋藤さん宅に民泊した埼玉県の平松寿典さんは「楽しみながら復興支援になるならと思い、『ツール・ド・東北』に参加しました。被災地の人がどんな状態にあるのかにも関心がありました」と話す。ロードバイクを始めて10ヵ月で、5コースあるうち2番目に長い南三陸フォンド(170km)に挑戦した。

同じく民泊に参加し、女川・雄勝フォンド(60km)を走った気仙沼出身の佐藤愛さんは、齋藤さんとともに仙台でコワーキングスペースを運営している。「昨年の『ツール・ド・東北』の写真で、沿道の方々が見知らぬライダーを応援している写真に心が打たれました。参加することで、大学時代に過ごした石巻や地元・気仙沼の応援になればと思い、参加を決めました」と言う。

「沿岸部の起伏ある道よりも、北上川沿いの平らな道が一番きつかったです。それは沿道で応援する方々がほとんどいなかったから。応援するつもりで参加したのに、沿道からの声援に励まされてゴールできました」と話してくれた。

鈴木哲也

ヤフー株式会社 社長室コーポレートコミュニケーション本部 社会貢献推進室

2007年ヤフー株式会社に入社。
2013年に復興支援室に移り、石巻で被災三県の物産をインターネットで販売する復興デパートメントの業務を担当。「ツール・ド・東北」は大会初年度から関わり、ツアー宿泊、東北の自治体や民間協力団体との調整業務を行う。今年は昨年に続き、民泊を担当。民泊を地域観光の目玉として成立できるよう企画から携わる。

鈴木哲也の顔写真

齋藤一郎

2014年5月、被災した土地の再活用と地域に雇用を生み出したい思いで、22年勤務した酪農協を退職し、「復興起業家」として活動中。現在は、不動産賃貸業のほか、遊休地にて高齢者・障がい者でも作業しやすいシイタケ栽培の事業化を準備している。

※肩書き、部署名は掲載時のものです。

齋藤一郎の顔写真

NEW