CSRマネジメント

コーポレート・ガバナンス

社会から信頼される企業であり続けるためには、コーポレート・ガバナンスの充実が不可欠です。ヤフーは、内部統制の確立、監査機能の充実、業務プロセスの改善などを積極的に行い、コーポレート・ガバナンスの強化に取り組んでいます。

コーポレート・ガバナンスの考え方

ヤフーはコーポレート・ガバナンスを「中長期的な企業価値の向上」を図るための必要不可欠な機能と位置づけ、以下の体制により、適正かつ効率的な企業活動を行っています。
また、ヤフーでは構成員の過半数を独立社外取締役とする監査等委員会を設置しています。ヤフーでは、このような現在の体制が、意思決定の迅速化と経営監視機能を確保する最善のものであると考えています。

<コーポレート・ガバナンス体制図>

以下で説明する取締役会、監査等委員会、常勤役員会、内部監査室、アドバイザリーボードの関係を表したコーポレート・ガバナンス体制図

取締役会

取締役会は、会社の経営方針、経営戦略や事業計画、重要な財産の取得や処分、重要な組織や人事に関する意思決定、また、業務執行の監督を行っています。ヤフーでは、会社の戦略的かつ迅速な経営を実現し、競争力を維持・強化するためにカンパニー制を導入し、経営の意思決定、業務執行の監督(取締役会)と、業務執行(執行役員・カンパニー)を分離し役割分担の明確化を図っています。

監査等委員会

監査等委員会は3名で構成され、そのうちの2名が独立社外取締役です。監査等委員会は、ヤフーの業務活動の全般にわたり、方針、計画、手続きの妥当性や業務実施の有効性、法律、法令順守状況等につき、重要書類の閲覧、子会社の調査などを通じた監査を行っています。各監査等委員は、取締役会のほか、常勤役員会その他の重要会議への出席等を通じて、個別の業務執行の妥当性を含む全般について、監査を行っています。
また監査等委員会では、会計監査人から監査方法とその結果のほか、内部監査室より内部監査の方法とその結果についても報告を受けています。

常勤役員会

常勤役員会は、取締役会の意思決定を要する重要事項についての事前審議を行っています。また、常勤役員会は、社内規程に基づき社長が最終決裁すべき重要事項の審議を行っています。

内部監査室

社長直属の組織として、内部統制システムの構築と運用の徹底を主導し、職務の執行の適正性や効率性に関して全社的な評価と改善指導を行っています。内部監査は、ヤフーだけでなく子会社も対象です。被監査部門等の協力を得て広範な業務遂行が可能な仕組みを作っています。

アドバイザリーボード

ヤフーでは、事業の運営や新規サービスの開始など重要な検討課題が発生した場合において、大学教授、法曹実務家、メディア関係者など学界、経済界の有識者に委員として出席を依頼する「アドバイザリーボード」を必要に応じて開催し、広く社外の意見を経営に反映しています。