株主・投資家のために

情報開示についての取り組み

情報開示責任者に最高財務責任者(CFO)を任命し、金融商品取引法および東京証券取引所の定める規則に従って正確・公平な適時開示を行っています。適時開示規則などに定められていない情報についても、迅速かつ詳細な開示を行うことに努めています。なお、専門の担当部署としてIR室と株式企画室を設置しています。

ウェブサイトの活用

ウェブサイトの活用

株主総会招集通知や有価証券報告書などの法定開示資料、決算短信やIRリリースなどの証券取引所規則に基づく開示資料のほか、四半期の決算説明会資料、その他株主・投資家の皆さまに役立つと思われる情報をウェブサイト上で公開しています。また、財務データのグラフを掲載したり、株主総会や四半期決算説明会の様子を動画でライブ中継およびオンデマンド配信したりするなど、より多くの方々に事業についての理解を深めていただけるよう、積極的な開示活動を展開しています。

詳細を見る
(IR情報)

アナリスト・機関投資家向け

四半期ごとの決算説明会において決算および事業の詳細を説明するとともに、国内外のアナリストやファンドマネージャーと、ヤフーの成長戦略や経営情報などに関する個別面談や電話会議を、年間を通じて実施しています。
外国人投資家に対するIR活動としては、英語版のアニュアルレポートを作成・配布し、開示資料の多くを英語化してウェブサイト上で公開しています。また、北米やヨーロッパ・アジアの投資家に対しては、直接訪問して事業の詳細などを説明する「海外ロードショー」を2004年から実施し、よりきめ細かい情報開示を行っています。

個人投資家向け

株主総会において、動画を用いてヤフーの事業概況をご覧いただいているほか、今後の成長戦略やCSR(企業の社会的責任)活動への取り組みなどについて、社長によるプレゼンテーションを行っています。
また、個人投資家の皆さま向けに、「個人投資家向け会社説明会」を開催しており、その中で当社の基本情報として財務内容、ビジネスモデル、主要サービス等をご説明するほか、今後の成長戦略を説明し、当社についての理解をより深めて頂くようにしています。

従業員向け

社内のイントラネットや従業員向け説明会などを通じ、事業の状況・今後の方針など、 重要な情報の共有を行っています。